びーびーの記録

主にWoWsについて、自分が書きたいことを書きます。

【WoWS】Ver.0.8.0以降の空母の立ち回りについて(基本編)

 WoWsにおいて空母という艦種は、長年ゲームバランスを崩すバランスブレイカーとして運営を悩ませ続けていました。そんな中、2019年2月のアップデート0.8.0において旧来のRTS要素の強いプレイから艦載機視点によるプレイに変更となりました。この"空母刷新"についての是非は公式のフォーラム掲示板等、様々な場所で議論されている内容でありますので、ここでは割愛させていただきます。

 さて、そんな刷新後の空母プレイ(今後、新空母と呼称します)になってから半年余りが過ぎ、空母の勝ちに繋がる動きが明確になってきました。今回は、新空母において最低限こなすべき役割と具体的なプレイについて書きたいと思います。

 

 

①スポットをする

 このゲームで最も重要であるスポットを正しく行うことです。各艦艇には"航空機発見距離"が設定されており、この距離を超えるとスポットを行うことができます。スポットが無いと敵艦を視認することができず攻撃を行うこともままならないため、必須の役割と言えます。 

 では、何が正しいスポットであるか。それは味方が敵に対して有効なダメージを出せるかどうかで判断することになります。例えば、味方が撃つことができない島裏の敵をスポットしてもダメージを出すことは難しいです。また、20㎞程離れた敵をスポットし続けてもほとんどの艦艇は撃つことができません。このように、一概にスポットと言っても有効性の高低で戦場への貢献度が変わります。スポットを行う時は、効果があるかどうかを考えながらプレイをしましょう。参考として、私が思う有効なスポットを挙げさせていただきます。

・ゲーム序盤

・敵艦の配置が長時間分からないとき

・敵艦が陣地を占領しているとき

・敵駆逐艦が突っ込んできているとき

・敵艦が転舵して舷側を晒しそうなとき

・味方が敵艦に対して集中砲火または十字砲火出来るとき

・HPの低くなった敵艦がスポットを逃れようとするとき   etc...


これだけが全てではなく、また、有効なスポットはその時々で変化します。そのとき、何が有効であるかを判断することが大切です

 

②味方の防空を行う

 刷新前の空母(今後、旧空母と呼称します)のときとは違い、新空母では制空権を取るような戦闘機の争いはなくなりました。そのため、敵航空機の完全シャットアウトはできなくなってしまいました。だからと言って、防空を放棄していいわけではありません。哨戒戦闘機を防空目的で使う際は、常に先手を取るように使いましょう。相手空母が次に航空機を飛ばしてくる場所を予測して、もしくは、自分が相手空母に攻撃されたくないところに置いておくように使うのがベストな動きとなります。相手空母の行動予測は難しいですが、自分が相手だったらどうするか、どうしたいかを考えると予測がしやすくなると思います。決して敵航空機とすれ違う時に置くような使い方はやめましょう。すれ違いざまに置くのはほどんどの場合において効果がありません。これはゲームの仕様上の問題で、哨戒戦闘機のアクション半径に航空機を入れてから3秒ほど経たないと実際に航空機を撃墜をしないからです。以上のことに気を付けて戦闘機を使えれば防空の義理は果たしたと言えます。 また、防空は敵の砲艦の動きに依存しないため、攻撃よりも成功率は高いと言えます。しかし一方で味方の動きには依存してしまいます(味方が各々の対空圏を意識せず立ち回るなど)。その場合は無理な防空は行わず、自分が守る戦線を決め、攻撃に集中するようにしましょう。

 

③各種航空攻撃

 新空母ではそれぞれ攻撃機雷撃機爆撃機のいずれかを操作して航空攻撃を行います。ここでは各攻撃がどういう時に役立つのかを説明するとともに、どういった敵に攻撃を仕掛けるべきなのかを書いていきます。


攻撃機

 多くの場合「ロケット」と呼称します(航空機に載せている武装が無誘導ロケットのため)。孤立した駆逐艦の処理はもちろん、巡洋艦に対して安定したダメージを与えることも可能です。攻撃機は対空砲のバブルに弱いため、対空の強い船に攻撃するのは悪手と言えます。主な使い方としては、先に挙げた駆逐艦の処理と敵艦のスポットになります。ダメージ量自体は低いので、駆逐艦以外への攻撃は体力の少ない相手に絞って行いましょう。駆逐艦の処理に手間取らない限り、予備機を余らせがちな機種となりますので、対空の傘を無視しての強行偵察にも使う場面も多々あります。


雷撃機

 空母のメイン武器になります。各国家によって性能の差異はありますが、それでも威力は申し分ないものですので、必ず当てられるよう練習しましょう。ゲームの仕様上、雷撃機のダメージは修理班によって10%しか回復できないので、基本的には戦艦に当てに行き回復量を削るようにしましょう。 雷撃機が強力であることは敵も分かっていて、防御放火を使ってきますので、巡洋艦の対空圏には十分注意しましょう。

 

爆撃機

 雷撃機と同じく空母のメイン武器になります。各国家によってその性能が大きく異なるため、扱い方にはそれなりの注意が必要です。ここでは簡単にまとめます。

 ‣投下方法が急降下か水平かどうか

  この差によって攻撃の偏差の取り方や投げるタイミングが変わってきます。急降下  であれば近め、水平であれば少し遠めになります。基本的に日米が急降下、英が水  平で覚えておけばOKです(一部のプレミアム艦艇は除きます)。

 ‣爆弾がHEかAPか

  この差によって有効な相手が変わります。HEであればどの艦艇に対しても有効打  になりますが、APは巡洋艦と戦艦に対してのみ有効になります。HE爆弾は火災発  生率が高く、火災火災や火災浸水のコンボを狙いやすいです。一方AP爆弾は、VP  に当たれば修理班でも10%しか回復できない、質の高いダメージを与えることがで  きます。

 ‣当たるかどうかは散布界次第

  爆撃機の攻撃の散布界円は艦艇に対して少し大きめに設定されているため、偏差を  完璧に合わしてもうまく当たらないことが往々にしてあります。当たれば強力です  が必中ではないということは頭に入れておきましょう。

 

④おわりに

 空母はその万能さから疎ましく思われている艦種であります。そして、空母のプレイ1つで戦況が大きく変わることも珍しくありません。そのため、プレイングに一定のレベルを求められることも多々あります。忘れないでほしいのは、このゲームはチームプレイであるということです。「どうすれば味方に貢献できるか」を念頭に置いて空母をプレイすれば必ずうまくなれます。それを忘れずに練習して頂ければと思います。